今年は、ブログも沢山アップしていきたいなって思っていたら、あっという間に久々の投稿になってしまいましたね^^;

はままつフェアトレードネットワークは、浜松でフェアトレードやエシカルの活動をしている有志が、フェアトレードをもっと盛り上げ、人や地球を大切にしていきたい。

まずは自分たちの暮らす街、浜松をフェアトレードタウンにしていきたい。

そんな共通の想いで、2年前位から定期的に活動しているネットワークで、JOËLも共に活動しています。

今月4月16日には、浜松の天竜にあるクライネスカフェさんにて、はままつフェアトレードネットワークのキックオフミーティングが開催されました。

 

浜松市街地から、車で1時間ちょっと運転した場所にある心地いいカフェ♪

思わずヤッホーと大きな声ではしゃぎたくなるような!気持ちのいい豊かな自然に包まれた場所です。

まずは、フェアトレードタウン設立に向けて、皆で温めてきた「設立趣意書」を改めて読み上げ、皆で想いを共有し合うことで気持ちをひとつにしました。

その後、年齢や職業などダイバーシティー豊かなフェアトレードメンバーの心と心をもっと繋げたい。
そんな想いから、自分自身、或いは今まであまり知らなかったメンバーの今日ここに至るまでの人生物語、想いにちょっと寄り添い、お互いを大切にするワークをファシリテートさせていただきました。

フェアトレードネットワークのメンバーは、毎回の定例会議で顔を合わせることが可能なメンバーだけではありません。

フェアトレードビジネスを実際に実践している方もいれば、子育て中の方、学校の先生、学生など色んな立場で生きる人たちが「フェアトレード」に想いを寄せて集まりました。

いつもお互いの気持ちをなかなかゆっくり語り合える時間が取れない。

でも、フェアトレードという人の想いを大切にするビジネスのあり方。

まずは自分たちが繋がり合うことで、体験していくことが出来たように思いました。

発起人である静岡文化芸術大学の下澤教授が最後に心温まる生演奏もメンバーに届けてくれました!

優しいギターの音を聴きながら、それぞれの想いを共有しながら、一緒に創っていくということ。

大げさかもしれないけれど、人と人の心が繋がり皆が想いを共有すること。

少しだけでいい。
自分や他人の気持ちに寄り添う時間をもつこと。

そういうことの積み重ねが「平和」に繋がっている気がして、好きだなって感じました。
とっても大切な時間でした。

これから、浜松市ではフェアトレードの活動が展開できるようになるかと思います。

イベントなど、これからこちらでもご紹介していけたらと思いますので、楽しみにしていてくださいね!

はままつフェアトレードネットワークメンバー♪

(余談:この日の前日、ちょうど私の誕生日で、ハッピーバースデーをメンバーに歌っていただきました。”Dear Aika~~♬ ”と歌ってもらったのは何年ぶりかな?やっぱりいくつになっても嬉しいものです!粋な計らいをありがとう!!)

Special Thanks:

フェアトレードコーヒーやスイーツをご協力くださいました以下ショップの皆様、ありがとうございました!

クライネスカフェ

とまり木珈琲

豆の木

(五十音順)

クライネスカフェさん&とまり木珈琲さんのフェアトレードで作られたスイーツと共に♪