-Ethical Fashion College in Tokyo-

5月9日~10日の2日間、東京・三軒茶屋の世田谷ものづくり学校にて開催されたエシカルファッションカレッジに参加してまいりました!

「エシカル」とは「倫理的な」という意味。

様々な人達の手から手を渡り、私たちの身の回りのモノは手元に届きますよね。でも、その過程で過酷な環境で労働を強いられる人達がいたり、もしくはその品物を作ること自体が地球環境に負担がかかっていたり・・。

フェアトレード商品を含め、環境・社会に過度な負担を強いることのない生産方法で取り組まれたファッションのことを「エシカルファッション」と言います。

エシカルファッションカレッジでは、ワークショップ等を通じて様々な視点から、体験的に楽しくエシカルについて学ぶことができ、2日間で1500名余りの方が来場され、大変盛り上がっていました!

*エシカルファッションカレッジHP:http://efc.lee-japan.jp/

IMG_1149

フェアトレード講座 by 末吉里花さん

フリーアナウンサー・末吉里花さんからは、フェアトレードについて、特にインドの現地生産者さん達の人生にどう影響を与え、フェアトレードを通じて自らが選択できる人生に変わっていったことについてお話がありました。

IMG_1153

「エシカルな生き方」ワークショップの様子

また、ファッションジャーナリスト・生駒芳子さんの講義「美しさに犠牲はいらない!」も大変盛りだくさんな内容でした。

特に感じたことをは、

まず、「エシカル」には地球の問題を解決する力がある、ということ。

これまで、人々はモノを作りすぎてきた。

人間は本来そんなに早く成長しない。モノに人間が追いつかなくなっている・・・。

私たちは、安いものを買うことが自分の役割と思い込んでいることがあるけれど、価格競争から、温もりを感じるものへ。社会貢献、文化貢献へ繋がるものづくりへ価値観が変わっている。そして、私たち一人ひとりが変えていくということ。

この講義では、誰もが知っている有名ファッションブランドによるエシカルな取組みについても熱心に紹介してくださいました。

そんな中、印象に残ったのは、アップサイクル商品作りが徐々に世界中で広まってきているということ。

-アップサイクルとは、捨てられるはずだったものを活用するため、新しい素材やより良い製品に変換して価値を高め、ものを”生き返らせる”こと-

JOËLも、チリの職人さん達とアップサイクルアクセサリーを作る取組みをしているので、大変励まされる想いでした。

そして、各社様々な取組について学んだ後、参加者も社会問題を解決する自分のブランドを作りました!

私も、JOËLと同様、解決するテーマを「貧困」や「多文化共生」とし、その名も「Amor Latino(アモール ラティーノ)」というブランド名でコラージュを作ってみました!

コラージュ

ラテンアメリカの職人さんによるブランドをイメージしたコラージュ

また、イベントには特に若い方が多く参加されており、時代の変化を肌で感じることが出来ました。

ワークショップで同じグループになった大学生や若い方が、「アップサイクルやフェアトレードについて殆ど知らないで参加したけれど、これからは自分のやれることからやっていきたい。否定からは何も始まらない。」と仰っていたことが何だか心強く、印象的でした。

ワークショップ

自分にとってのエシカルについて考えを深めていきます

ポストイット

エシカルは可能性がいっぱい!

 

当日は、様々な映画鑑賞会も開催されておりました!

その中で、「ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて」というドキュメンタリーを観てきました。(→https://www.youtube.com/watch?v=NjO9if9kF6Q

「TPP」、「遺伝子組み換え」含むグローバライゼーションが私たちに及ぼす影響。

「自由経済」そして「人間の生きる歓び」とは? こういったテーマを本質的に考えさせられる意味深い映画でした。

エシカルについて何も知らない方も、エシカルは知っているけどどうやって生活に取り入れたらいいか分からない方にも、楽しみながら知ってもらいたい、そして日々の暮らしで「エシカル」な生き方を実践してもらいたい。

そんな熱い想いでイベントが創られており、その気持ちが参加者にも伝わってくるイベントでした。

また、本来の人間の姿に一度立ち止まって考えるきっかけを創ってくださっていたように思います。

このような有意義なイベントの機会に心から感謝しております。