12月21日(月)、渋谷のAtlyaさんでの感謝祭イベントに出店させて頂きました。
今回初めて出店させて頂いたAtlyaさん。
ちょっとドキドキしていた私ですが、お越し頂きましたあたたかなお客様、Atlyaメンバーの皆様、本当にありがとうございました!

Atlyaさんとの出逢いは、3年程前に、私が個人的に受けたNVC(Nonviolent Communication)コースでのご縁に遡ります。あの頃、慣れない子育て、仕事の在り方について色々思うことがあり、現地の女性達のものを販売するだけでなく、もっと関わる人の心に向き合い、大切にしていけるような仕事を創れたら、そんな想いから、NVCにエッセンスを求めて、当時住んでいた浜松から東京へ行きました。

そこで出逢ったメンバーと今回、笑顔いっぱいな再会。
そしてCo-Creation(協創)が実現しました。
再会して、会っていなかった時間、人生で感じていた事を分かち合うってこんなにも嬉しいんだなぁ!とっても幸せな気持ちでした。

 

Atlyaさんのコンセプトは、「Seamless(シームレス)」=壁がない、調和のとれた、という言葉です。昨日の場では、まさにその想い、世界観が実現されていました。

こちらのお写真は出店準備の朝の様子。
私が搬入作業中に、横でヨガを楽しむ人がいたり(笑)♪
そして、イベント中は、横でママさん達と子供達の愛しい笑い声が ♡

今の女性達のライフステージ、今あるがままを受け入れるという寛容さに、メキシコで小さなお子さんを子守りしながらも私にスペイン語を一生懸命、笑顔で教えてくれていた、スペイン語の先生の姿を重ねていました。

そして、イベントでは、同時進行でPeople Treeさんによる「フェアトレード、エシカルファッション」のお話し会や宝槻圭美さんによる「ホリスティック、国際教育」をテーマにした対話会。
素敵な参加者の皆様と共に、お互いの感じている事を分かち合い、前に進んでいくインスピレーションを与え合う、優しい場でした。

それぞれの「生き方」がレスペクトされた”Inclusion”なイベントの在り方は、まさに「100人100通りのカスタムライフ」の姿でした。

イベント出店中は、殆どまともにランチを食べれないのが常でしたが、ここでは、体に優しいお食事をお客様とおしゃべりしながら頂くことも出来て、もはや出店者とお客様という枠を超えて対話ができる、これは私にとってとても豊かな時間でした。

子供、大人、出店者、Atlyaオーナー、お客様。それぞれの立場がある前に人は「人間」であり、心がある。それに上下関係を付けたり、壁を作ることなく、皆が見事に融合し、それぞれの得意なこと、役割を持ち寄り、分かち合い、それを思いっきり楽しむ!そんな場でした。

今の時代、そんな場を創ることはきっと簡単ではなかったことと思います。
だからこそ、今の時代、必要とされている。
そんな場を生みだしてくださったAtlyaさんに心から感謝しております。
そして、そんな空間で、ラテンアメリカの女性達の作品を紹介させていただくことができ、幸せです。

PS
細かな作業(アクセサリーのお片付け)が苦手な私は、いつも搬出作業が出店者の中で一番最後。片付けまで手伝ってくださった皆様、本当に本当に感謝申し上げます(涙)。

Special Thanks:
Atlya (アトリア) HP: http://atlya.jp/