チェンジ・ザ・ドリーム

東洋大学でワークショップを開催致しました!

先日、東洋大学 国際学部でグローバライゼーションをテーマにしたワークショップで、お話しさせて頂きました。 メキシコ、アメリカ、インドネシア等からの留学生も参加してくださり、国際色豊かなダイバーシティに満ちた場に恵まれました。 そして、留学生達が議論している姿に、私自身の留学時代、様々な視点に触れて毎日がカルチャーショックや刺激に満ちていたあの頃が蘇ってきて、何か自分にも伝えることが出来たらという熱い想いがこみあげてきました。 グローバライゼーションにより、世界中の人達と気軽に繋がれたり、様々な恩恵を受けている一方で、格差社会の問題など、新たな課題にも直面しているね、と、グローバライゼーションについて、どう感じている?人々はどう生きている?という事をまずはシェアし合いました。 その後、私が、特に海外で見てきた「差別」の問題や、「貧困」についての想いをお話しさせて頂きました。 貧困の原因は、急激に導入された自由経済主義やシステムに原因もありますが、それよりも本質的な要因は、システムやその構図を生み出している「差別の心」ではないかと思った海外での経験をお話ししました。人が人を差別する心は、「貴方は、私よりも大切な存在ではない」というマインドから生まれるように思います。特に肌の色、宗教、ステータス、年齢など異なる人達から防御しようと、人より優位に立ちたいという気持ちから生じる心ですが、同じ人間の命、人生の重みに差などあるのでしょうか。 今回、様々なバックグランドの学生さんが参加してくれて、色々な視点で意見交換をする貴重な場になりました。 例えば、「一部の富裕層の人達が富を独り占めにしているのが問題なので、私達のように一般人でお金にも余裕のない人達が、何か(寄付など)することはとても難しいと感じている」 「日本社会で、世界で起こる課題やそれらに対する活動について、意識を向けてもらえない時は、どうしたらいいのか?」 など、様々な問いがでました。それらの問いに対する答えも様々で、正しい答えはないのかもしれないけれど、一人ひとりの問いに共に向き合って生きたいと改めて感じました。 自分も含めて、次々と起こる世界の現実に混乱してしまったり、自分のやっている事は小さい活動だし、と感じてしまう事もあるかもしれないけど、すぐに何か「変化」が見えなくても、周りの人達にほんの少しの人間愛や優しさ、何らかの「影響」を届けれられるはず、そこから少しずつ良くなっていく、と信じて進んでいきたいと感じました。 その一歩として、NPO法人セブン・ジェネレーションのチェンジザ・ドリームシンポジウムの活動も紹介させて頂きました。 何より国や宗教、文化の枠を超えて、世界で起こっている事について思いを馳せて、繋がれたことが「希望」そのものだと感じました。 今回の企画をしてくださった実行力のある東洋大学の学生、留学生達、学生の活動をサポートしている先生方、そしていつも共に歩んでくれるファシリテーターをしてくれた友人、皆が可能性に満ちていました。 振り返った時に、点と点がると信じて、可能性を信じて進んでいって欲しい。 また何かの形でお会いできる日を楽しみに。 *写真一部提供:東洋大学学生より

Read More...

チェンジ・ザ・ドリームシンポジウム開催

– Change the Dream Symposium – 先日チェンジ・ザ・ドリームシンポジウムを開催してまいりました。 参加者は全員高校生でした! これまでの世の中のあり方によって、様々な影響を受け、私たちの心に刷り込まれてきた思い込みを少しずつ解放していきました。そして、世界中から寄せ集めれらた活動家たちの力強いインタビュー映像を通じ、対話を深めていきました。 まずは、私たちの思い込みを書き出していきました。 紙のスペースが足りなくなるほど、高校生たちから沢山の言葉や想いが溢れ出てきました! そこから、本当は私たちはどんな世界を望み、どう関わる自分でありたいか、について想いを深めていきました。 人は、頭、左脳で考えるより、こころで感じることには勇気を出して行動できるもの。 ちゃんとした言葉にまとまっていなくてもいい。 まずは、普段なかなか意識しない「心で感じる」ことを大切に対話を深めていきました。 こちらに書ききれない程の様々な気づきがありましたが、特にこんな言葉が心に残りました。 「大量生産、行き過ぎた競争、環境汚染、消費し続ける人びと、世界中に広がる格差。本当は持続可能ではない、ずっとは続けられない、と分かっていても、例え自分ひとり消費を控え、或はフェアトレード商品を買ったとしても・・・、世の中にモノは溢れ作られ続けていく。そんな中、いったいどうすれば良くなるのか」 「このシステムや構造の中で、犠牲になっている人もいるかもしれないけれど、一方でそのおかげで生きている人達がいる。それを変えようとすると、逆に職を失ったりする人達もでてくるかもしれない・・」 最初の問いに関しては、何か変化を起こしたい、でもそれは難しい、という白黒はっきりしたものというよりも、きっと「価値観を広げていく」ということだと思います。 フェアトレードに関しても、同じように思います。 果たして貧困削減になっているのか等、フェアトレード、エシカルに関する議論は、大きなテーマであるだけに様々ありますが、まずは人間らしい生き方、持続可能な地球への関心、大切にしたいことに気づくこと、そしてちょっとずつでも人からひとへ広げていくきっかけ創りの方が長い目で見るとじわじわと強いインパクトになっていくのではないでしょうか。 2番目の問いに関しても、何か変化を起こそうとすると摩擦が生まれたり、心を痛める人、困る人が出てくるものです。また、変化を起こすことは一人の力ではとてもハードルが高いものです。 でも、変化を起こそうというよりも、むしろ少しでも人に発信したり、何か助けになる影響を生みだせないかという事に想いをはせて生きることにエネルギーを注いでいくと、誰もが何か少しずつ出来ることがあると感じました。 ファシリテーターをさせていただくと、多くの気づきがあり、私の今後の人生にとっても、とても大切な経験となりました。この場に共にいれたことに、心から感謝しています。 そして、未来そのものである素晴らしい学生の皆さんと繋がれたこと、皆様のおかげ様で一歩前に進めたように感じています。 ・シンポジウム紹介サイト:https://www.youtube.com/watch?v=omwpdiMZk74 ・チェンジザドリームシンポジウム HP: http://changethedream.jp      

Read More...

チェンジザドリームファシリテータートレーニングに参加しました

桜がとっても美しい今日この頃。 なんだか、自然に触れたくなったり、幸せな気持ちになれる季節です。 さて、今日は、先月チェンジザドリームシンポジウムのファシリテータートレーニングに参加してきたお話について綴りたいと思います。 このプログラムとの出逢いは約3年前。 私は、過去に政府で国際協力の仕事をしていたのですが、自分が留学時代に学んできたこと、現実とのギャップ、そして次から次へと起こる矛盾。 国際協力の世界を一旦離れようと決めた後も、ずっと様々な葛藤やモヤモヤが心の奥で続いていた頃でした。 世の中で起こっていることに対して、ただ痛みを感じながら生きていたくはない。 ずっとそんな風に感じていました。 このシンポジウムは、世界、80カ国で22万人以上の人が参加し、日本でも既に2500人以上の人が 参加している体験型プログラム。 グローバルとか国際協力とか、そういうことを教えてくれる場というよりは、まず世界中の力強い活動家の方たちの、心の奥に届く言葉や情報に共に触れ、感じていきます。   そして、その場からしか生まれないであろう、深くて、ありのままな対話。 人は、もっと今より良くなるのではないか、と必要以上に競争し合い、もっと、もっと欲しがってしまう。 いつしか日々の生活でいっぱいいっぱいになってしまったりするうちに、「全てはバラバラである」という現代社会の根拠の無い思い込み (unexamined assumption)の中で生きてしまいがち。 でも、「全ては本当は繋がっている」 では、私たちはいったい何をすれば良いのか、ということにエネルギーを注ぎがちですが、「何をするかではなく、まずは自分がどうありたいか」に焦点をあて、深めていくワークです。 今回ファシリテータ-トレーニングを通じ、人間らしく生きるということを見つめ直し、改めて、前に進む勇気を仲間にいただいたように感じています。 4月12日に、このトレーニングを終了したばかりのホヤホヤのメンバ-3名で、初めてシンポジウムを開催致します! ↓ *シンポジウムのお知らせ:http://kokucheese.com/event/index/278839/ シンポジウム紹介サイト:https://www.youtube.com/watch?v=omwpdiMZk74 チェンジザドリームシンポジウム HP: http://changethedream.jp/ また、どんな気づき、繋がり、希望が生まれるのか、楽しみです!    

Read More...