ラテンアメリカフェスティバルを終えて

, , , , ,
11月25日に、ラテンアメリカフェスティバルに参加させていただきました。 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。 平日にも関わらず、多くの方にチリ大使館のブースにお立ち寄り頂き、作品に触れて頂く機会になりました。生産国であるチリで住んでいらした方々等、チリやラテンアメリカに繋がるそれぞれのストーリーをお聴かせ頂き、おかげ様で楽しいひと時を過ごさせていただきました。 常陸宮華子様もチリ大使館のブースに立ち寄ってくださったり、アルゼンチンタンゴのショーが行われたり、日常からちょっと離れた空間で、華やかなひと時を過ごさせていただきました。 また、初めてチリ大使館の皆様、そしてMadre…

ラテンアメリカフェスティバルへ出店させて頂きます!

, , , , ,
毎年恒例の日本・ラテンアメリカ婦人協会主催の盛大なフェスティバル「ラテンアメリカフェスティバル」 ちょうど2年前に、当時暮らしていた浜松から1歳になる娘を抱っこして新幹線に乗って、客として訪れたラテンアメリカフェスティバル。 メキシコに住んで以来、ラテンアメリカの広大さ、自由さ、人懐っこさが好きで、このイベントで、明るくてフレンドリーなあの空気を吸いたいと思ったから。 会場は、私と同じように南米にご縁があったり、懐かしく思う人々で活気に満ちていました。 あれから2年、今度はフェスティバルでラテンアメリカの手仕事を紹介させて頂く事になり、先日、事前打ち合わせのために、チリ大使館に伺いました。 同じくチリで現地の女性により上質な羊革で手作りした鞄を展開されているMadre…

東洋大学でワークショップを開催致しました!

, , ,
先日、東洋大学 国際学部でグローバライゼーションをテーマにしたワークショップで、お話しさせて頂きました。 メキシコ、アメリカ、インドネシア等からの留学生も参加…

小さな…でも、とっても尊い活動との出逢い

,
2015年がスタートし、早くも1.5カ月が経ちましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 新しい年がスタートし、今年一年をどうデザインしていこうかと想いをめぐらせながら過ごすこの時期、昨年お世話になった人たちの優しい笑顔が思い浮かびます。 JOËLの活動を支えてくださっている人たちの中で、弊社Webサイトを立ち上げてくださったスペイン人のホセさん(Jose…

真夏のクリスマス from Latin America

,
アップサイクル・ガラス製お皿を作ってくださっている、チリのマルセラさん(写真)から、ご家族のクリスマスの温かい空気が、日本まで伝わってくるような写真が届きました。 彼女は、フェアトレードの考え方を伝えたいという想いから、事業を立ち上げられて、ご自宅でリサイクルガラス製のお皿を創作されています。 今年は、そのマルセラさんに沢山教えていただき、また沢山のメールで励まされた一年でした。 チリは、南半球にあり、日本の反対側に位置しているので、ちょうど今は真夏。 マルセラさんの息子さんたちも、ちょうど長いクリスマスの夏休みに入ったそうです。 以下の写真はマルセラさんの息子さん。やっぱり皆さん、半袖ですね! 以下の写真は、チリの街の様子です。 他の南米諸国と同様、チリも貧富の差が深刻な社会問題になっていますが、街は綺麗です。 皆さん、ノースリーブですね。 マルセラさんは、私生活でも、地球に優しいライフスタイル、手仕事を大切にされていて、クリスマスプレゼントも新聞紙でラッピングされたそうです。クリスマスツリーまで新聞で作ったそうです!   本当に個人の小さな積み重ねですが、いつも明るく、熱く、そして忍耐強く社会問題に取り組む、彼女の想いを伝えていきたいと思います。 ・マルセラさんのアップサイクルガラス・お皿は、近日中にオンラインショップにて販売予定です。 ➡http://joel-world.shop-pro.jp/    

地球の裏側の人たちとつながれた年

,
振り返ってみると、2014年は、南米の職人さん達との出逢いの年でした。   ボリビアやチリに行き、半日もかけて一緒に車で工房まで行っていただき、職人さんたちのお仕…