現地職人さん

友情の贈り物- Gift for celebrating friendship

2017年ももうすぐ終わりですね。 皆様にとって2017年はどんな年だったでしょうか? 今年を振り返ってみると、お客様のあたたかい心に触れる事が出来た幸せな一年でした。 特に嬉しかった事は、贈り物にお選びくださるお客様が少しずつ増えてきたこと。 奥様だったり、大切なご友人だったり。 そんな中でも、とってもハートフルなお客様のお話を2017年の大切な宝物として、こちらに書き残しておきたいと思います。(*お客様了承済みです) そのお客様(Sさん)にイヤリングをご注文頂いたのは8月初旬頃でした。Sさんの長年の親友へのバースディプレゼントとのこと。 「いつ頃までにお届けしたらよいですか?」と伺ったところ、 「12月です。」 (え?!) 「私(Sさん)と親友は、同じ12月生まれです。10年間、ずっと12月に2人でお祝いしてるんです。だから私は一年中、彼女に贈るプレゼントを探しています。特別なもの、これだ!って思えるものを毎年交換してるんです」 「無機質なものではなく、理由があるものを贈りたい。その積み重ねが日々の豊かさをつくっていくように思うから。」とSさんから丁寧なメッセージを頂きました。 JOËLのデザインは大ぶりなものが多いため、お客様が、 「親友が小顔だから、イヤリングが大きすぎないか?」 重さについても、「これがいいかな?あれがいいかな?」 と商品画像を送りながら一緒にやりとりさせて頂きました。 (ところで、大ぶりピアスは、小効果があるのですよ!) その時間は、まるでお客様と一緒にサプライズギフトを選びのショッピングをしているような感覚で、本当に幸せなひと時でした。 そして、最終的にお選び頂いたイヤリングがこちらです ↓ – それから、5か月後 – 「親友が大喜びでした!」 お誕生日会のとっても素敵なお写真と共に報告のメールを届けてくれました。 大切に丁寧に育んでこられた繋がり、一つひとつの物語や贈る人の想いを、私も共に大切にしていきたいと思いました。 このピアスは(育児中で現地にはしばらく行けないと思い)現地と初めて遠隔コミュニケーションにより企画制作したもの。 お互い伝えようとしている事を勘違いして失敗したり、最初は手探りでコミュニケーションしながら、協働で制作した作品でした。 ダイバーシティ、そこから生まれる新たなアイディア。 私にとっても思い出深い作品になり、今度、現地で働く彼女たちに会えた時にシェアしたい物語が今回また一つ増えました。 私は、作り手の真心を感じて頂けるような人と人との触れ合いを大切にした仕事をしていきたい、とかねてから思っていました。 おかげ様で、そんな願いを今年は少しずつ叶えさせてもらえたように思います。 (JOËLのアクセサリーは、チリの女性たちにより創作されており、売上金の一部は、ハンディキャップや難病に苦しむ子どもたちを支える団体の活動費に充てられています。) ————————————————— 最後になりましたが、この仕事を通じて素晴らしい人々と出逢いを重ねる事ができ、ありがたく思っております。 新年が皆様にとって愛と希望に満ち、健康にも恵まれますよう、心からお祈り申し上げます。 感謝の気持ちを込めて。 2017年12月31日 JOËL  猪岡愛佳

Read More...

そごう横浜店「世界と私をつなぐセレクトギフト」に出店中です!

12月1日(火)~12月7日(月)まで、そごう横浜店にて開催中の「世界と私をつなぐセレクトギフト」に出店しています! こちらには、冬のギフトにピッタリな濃い目で鮮やかな新しい色味のハンドメイドアクセサリーを初めて出店させていただいております。 暗くなりがちな冬の装いを明るくしてくれたらと想い、作りました。 今年は、なかなか現地に行くことが出来ていない状況でしたが、遠距離でも現地の方と連絡を取り合いながら、少しずつではありますが新しいアクセサリーを増やしていくことができました。 化学薬品を使わないようにしてリングの輝きを保つにはどうしたらいいか、職人のJorgeさんと共に悩みました。 特に天然石のリングは、石の一つひとつを同じように綺麗に磨き上げるには、薬品や化学塗料を使わなければならないためです。 化学塗料を使わないで、あくまでも地球から生まれた自然の美しさでモノづくりをしていこうと一つひとつ手で磨ける範囲で作っていきました。 この世界にたった一つの作品として気に入っていただける方にお求めいただければ幸いです。 今回は、私が店頭に立てずお客様とお逢いできないこと、とても寂しく思っております。 以下の各国から生まれた情熱溢れるパワーに満ちたブランドさん達と共にJOËLの商品を販売いただいております。 是非、特別な想いから作られた商品の温かさに触れに、立ち寄っていただければ嬉しいです! <出店ブランド> Andes Gift ,  Coloridas,  JOMEO,  Laurich,  Namdamo Premium,  RuiseB,  Veganie  & JOËL 12月1日(火)~12月7日(月)まで(営業時間:10:00~20:00) 横浜そごう B1 トランスマーケット, Ethicaloop「世界と私をつなぐセレクトギフト」 住所:横浜市西区高島2-18-1 B1F 最寄駅:横浜駅東口よりポルタ地下街中央通路を直進ください。 アクセス:https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/access      

Read More...

アルパカマフラー・関わる人たちの想い

「どんな人がこのマフラーを作っているの?」 と聞かれることがあります。 これまでなかなかお伝えできていなかったのですが、スーパーファインアルパカ100%マフラーを一つひとつ大切に編んでくださっているボリビアのTeofilaさんについて書かせていただきます。 (以下写真は、Teofilaさんの作業風景です。照れ屋さんで真面目な方なので作業中はなかなかこちらを向いてくれませんでした・・!) 彼女には、2人の娘さんがいます。 家計を支えるために、これまで編み物のお仕事を長年されてきた方です。 しかし、Eduardoさんのフェアトレード団体で働く前は、手作りで編んだ縫物を仲介人に言われるがままの値段で販売していたそうです。 当時は、その日食べていくためにお金が必要なので、どんなに安い価格であっても提示された金額を受け入れるしかなかったと話してくれました。 「今は、フェアトレード基準に基づいた対話による価格設定、代金の前払い等により生活がやっと安定してきた。」 「2人の娘さんも学校に通わせることが出来た。」と笑顔で話してくれたのがとても印象的でした。 私が工房を訪ねた時は、Teofilaさんは、恥ずかしそうであまり話してくれませんでしたが、いつも現地の状況をシェアしてくれたり商品の相談にのってくれる団体のマネージャー・Eduardoさんから(写真・下)、先日こんな話を伺いました。 「Teofilaさんが、この間、(私が送った店頭に並ぶ商品写真を見て)自分の作ったものが本当に日本で販売されていること、とっても喜んでいたよ。」 「何しろ、自分(Teofilaさん)の写真が、日本語の商品タグに載っていること、ビックリ仰天していたよ!」と話してくれました。 マフラーに付けているタグはコチラです。↓ このタグは、「人々にほほえんでいただけるデザインを生み出したい」という想いで幅広く活動されている、事業立ち上げ時から助けていただいているデザイナーの方が創ってくださったものです。 商品についているタグ。 この仕事をする前は、いつも商品購入後に捨てていました・・・。 (今は、何だか捨てられなくなりましたが・・) でも、以前アパレル業界の生産管理や商品タグなどについて教えてくださった私の尊敬している恩師が、 「たかがタグ、されどタグ」かもしれない。 すぐに捨てられてしまうものだけれど、その一つひとつに残るメッセージ、想いを大切に。 と仰っていたことを今になって思い出しました。 現地を模索する中で出会ったEduardoさん 一つひとつ大切にマフラーを編んでくれるTeofilaさん 彼らも、こちらでの活動によって笑顔になってくれました。 「人と人とのこころを結び、繋いでいく」というのはこういうことなのかな と、このお仕事を通じて感じています。 デザイナーさんや恩師の方に教えていただいたこと。 人との関わりを通じて繋がっていきます。 そして、何かを一緒に創りあげる時、そのプロセスの中で、もはや国や出身は関係なくなってくる。 そんな人間らしさを実感できた時の喜びの大きさ。 お客様にとってTeofilaさんのマフラーが、こころを温めてくれる、大切な想いを温めてくれる。 そんな存在になりますように。 *スーパーファインアルパカ & ストーリーについてはコチラ ————————————————————————- 今、11月3日(火)まで アルパカブランド・MaiteさんがTeofilaさんのアルパカマフラーを販売してくださっています。 お近くにお越しの際は、是非手にとって触れてみてくださいね。 期間:11月3日(火)まで 11:00~21:00 (日・祝は10:30~20:30) 場所:東京・有楽町マルイ1F 正面入り口を入ってエスカレーター前 ★Mapはコチラ★    

Read More...

あたたかなギフト: ボリビア→台湾→そして日本のお客様へ

今回は、ボリビアで手編みによって作られているアルパカマフラーについてシェアさせていただければと思います。 私自身、アルパカのぬくもりも好きですが、やはり編み手さんの誠実なお人柄、彼女の真心そのものが心にじんわりと伝わってきて、とても愛着を感じている品物です。 昨年クリスマスシーズンをとうに過ぎた頃に、かなり遅れてやっと!販売まで辿り着いたにもかかわらず、おかげ様で、多くの方にお届けすることができました。 その中で、先日、台湾在住の日本人のお客様から、ボリビアのアルパカマフラーをオンラインショップにてオーダーいただきました。 オレンジ色とブルー2カラーのマフラーの2点。 遠く離れたご両親へのプレゼントだそうです。 ご両親は、早期退職をされ、鍼灸マッサージのお店を開業されたそうです。開業当時は、お客様がちゃんと来てくれるのか、周りの方も含め不安だったそうですが、もう5年も続けておられる、とのこと。 ご両親は、人に価値を認められることよりも、自分がお客様に何をしたいかを、ずっと貫いてきたそうです。そんなご両親へギフトを、とマフラーを注文してくださいました。 こちらまで、ワクワクした気持ちになり、何だか満たされた想いで包装していました。   お客様と直接触れ合う機会が限られているので、このような温かいメッセージをいただくととっても幸せな気持ちになります。 もう春はすぐそこ。 きっと、マフラーの次回のオーダーは、次の冬になるのかなと思っています。このマフラーたちと共に、次はどんな物語を、想い出を刻んでいくのか、今からとても楽しみです。 そして、今度、編み手さんとお会いする時に、彼女たちに伝えることのできるお客様からいただいた物語。 世界は、人びとは、バラバラではない。 小さな物語のひとつ一つが、遠く離れた人とひとを繋いでくれる、そんな想いです。

Read More...

小さな…でも、とっても尊い活動との出逢い

2015年がスタートし、早くも1.5カ月が経ちましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 新しい年がスタートし、今年一年をどうデザインしていこうかと想いをめぐらせながら過ごすこの時期、昨年お世話になった人たちの優しい笑顔が思い浮かびます。 JOËLの活動を支えてくださっている人たちの中で、弊社Webサイトを立ち上げてくださったスペイン人のホセさん(Jose Luis Casusoさん)について、今日はご紹介させていただきたいと思います。 ホセさんとは、JOËLのガラスプレートを作ってくださっているマルセラさんに紹介いただき、知り合いました。 少しでも人間や地球に優しい場が広がり、国境を越えて人とひとが繋がれたら、という想いだけでJOËLを立ち上げたので、開業に必要なITの知識、各団体との取引の知見など殆どなく、手探り状態で独り進めていました。 そんなWebサイトすら無いままで進めていた時に、現地の職人さん・マルセラさんが、「ホセさんという方がWebサイトを作れるから、連絡をとってみるといいよ」とアドバイスをくれました。 ホセさんは、現場でフェアトレードの活動をされる前は、ドイツ企業で働いていたそうです。ただ、何だか無意味に思えて、自分でNGOを設立し、現在は、南米各国で、Webサイトさえ持たない小さなフェアトレード団体の尊い活動を、少しでも世界の多くの人に知ってもらえたらと願い、各国でWebサイトを立ち上げ続けています。 そのため、広大な南米大陸の国から国、地方から地方への移動も多く(しかもローカルバスでの過酷な移動ばかりなので)、多忙で、いつも現地時間の夜中にメールの返信が届いていました。 そんな彼から、昨年いただいたハートフルな言葉を、こちらに書き記しておきたいと思います。 “Many small people, in many small places, doing many small things…., will change the destiny of the world” この文章を、直訳すると、 「沢山の小さい人々による、沢山の小さな場所での、沢山の小さな活動は、世界の運命を変えるであろう」となりますが、“小さい人々”というのは、もちろん私も含め、一般の影響力のある声や権力などを持たない“普通の人”という意味になると思います。 つまり「影響力の小さい人間であっても、それぞれの場所で出来る活動、それが例え小さなことであったとしても、沢山積み重なると、世界の方向を変えれるんだ」という意味になるかと思います。 世界の方向を変えるだなんて、何だか果てしなく大きなことのように感じてしまいますが、ホセさん自身が、南米で現場の方とお仕事を進めるにあたり、お互いにこの言葉の意味に想いをはせて、誇りをもってお仕事をするようにしている、と話してくれました。 こうした方たちの真っ直ぐな想いに、JOËLも支えられています。 JOËLの活動も小さな場所での小さな活動ですが、可能な限り、こうした方たちの想いを大切に届ける活動を続けていきたいと思います。 -ラテンの国の“アミーゴ文化”- アミーゴ(友達)、仲間を、まるで家族のように大切にして生きたい、と想うこころ。 このアミーゴの世界観を、JOËLの事業を通じて、少しでも届けていけたらと願っています。    

Read More...

真夏のクリスマス from Latin America

アップサイクル・ガラス製お皿を作ってくださっている、チリのマルセラさん(写真)から、ご家族のクリスマスの温かい空気が、日本まで伝わってくるような写真が届きました。 彼女は、フェアトレードの考え方を伝えたいという想いから、事業を立ち上げられて、ご自宅でリサイクルガラス製のお皿を創作されています。 今年は、そのマルセラさんに沢山教えていただき、また沢山のメールで励まされた一年でした。 チリは、南半球にあり、日本の反対側に位置しているので、ちょうど今は真夏。 マルセラさんの息子さんたちも、ちょうど長いクリスマスの夏休みに入ったそうです。 以下の写真はマルセラさんの息子さん。やっぱり皆さん、半袖ですね! 以下の写真は、チリの街の様子です。 他の南米諸国と同様、チリも貧富の差が深刻な社会問題になっていますが、街は綺麗です。 皆さん、ノースリーブですね。 マルセラさんは、私生活でも、地球に優しいライフスタイル、手仕事を大切にされていて、クリスマスプレゼントも新聞紙でラッピングされたそうです。クリスマスツリーまで新聞で作ったそうです!   本当に個人の小さな積み重ねですが、いつも明るく、熱く、そして忍耐強く社会問題に取り組む、彼女の想いを伝えていきたいと思います。 ・マルセラさんのアップサイクルガラス・お皿は、近日中にオンラインショップにて販売予定です。 ➡http://joel-world.shop-pro.jp/    

Read More...

地球の裏側の人たちとつながれた年

振り返ってみると、2014年は、南米の職人さん達との出逢いの年でした。   ボリビアやチリに行き、半日もかけて一緒に車で工房まで行っていただき、職人さんたちのお仕事を見せてもらいました。 手仕事の尊さ、美しさと、それを育む自然に触れることができ、人を元気にするような色合いが、雄大な南米の自然から生まれるのだな、と肌で感じることができました。 そして、食事もとる間もなく、かなりの強行スケジュールだったのですが、 それでも、職人さん達は、笑顔を絶やさずに、何しろとっても明るい!そんなラテンの文化・人々にすっかり魅了されました。つながりをとっても大切にする、幸せのあり方を学びました。   そんな彼らは、クリスマスは、今月中旬あたりから、どんなに忙しくても?!お休みモードに入られるようです。 ラテンアメリカは、9割ぐらいがカトリックの国々なので、クリスマスは重要な宗教行事になっています。 カトリックの多い中南米の国々にとってクリスマスというのは、キリストが生まれたとても大事な日であり、恋人や友達と過ごすというよりも、日本のお正月のように家族で過ごします。 日本で言う、実家に帰り、大晦日かお正月に、家族同士が集まって、今年を振り返りながら、感謝し合い、新しい年を迎えるように。 一緒に工房まで出向いて、手仕事の話を一生懸命に話してくれたこと、今年は、沢山の苦楽をシェアしてくれて、仕事を、「共に創る喜び」に変えてくれたこと、そんな彼らにお礼の気持ちを伝えたくて、今、職人さんひとりひとりに、クリスマスカードを書いています。 さて・・無事届くかな・・!?          

Read More...