贈り物

大丸東京店に出店させていただいております!

5月22日(水)~28日(火)まで、大丸東京9Fで行われている、SoooooS(スース)のポップアップ「そのお買い物が世界を変える〜SDGs時代の新提案」に、南米、チリの女性たち自らデザインし手作りしたカラフルな元気の出る!JOËLのアクセサリーも紹介いただいております!                 アクセサリーの他にも、お洋服や傘、カラフルなアフリカンバッグ、文房具など、暮らしの中に取り入れやすいSDGsに繋がる商品をゆったりと見ていただける素敵な空間です。 他参加ブランドさんについてはこちらをご覧ください♪ https://www.atpress.ne.jp/news/182843 ペルーの女性たちが創作しているアクセサリーブランドMUJUSを展開されている同志の代表・吉田さんとも久しぶりに再会する事ができました^^ 小さな活動ではありますが、この活動を通じて、それぞれの自分なりの活動、道を模索しながら、探し続けているからこそ、出逢う事のできた、同志の仲間たち、お客様。 そして、彼女たち同志が繋がっていくこと、繋がり続けていることに本当に感謝しています。 なかなか店頭に立てないでおりますが、それでも、見に行ったよ!とエールを送っていただいた方、本当にいつもありがとうございます。 改めて、人間らしさを大切にするものづくり、それを応援する活動、お買い物が広がっていくことを願っています。 お時間が許せば、是非ポストイットに一言コメントいただけたら嬉しいです!↓ 是非是非、この機会にお立ち寄りください! ●大丸東京店 9階「イベントスペース」 東京都千代田区丸の内1-9-1 ●2019年5月22日(水)~2019年5月28日(火) 10時~20時 (23、24日は21時まで、28日は18時まで) *SDGs(Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標))についてより詳しくは、こちらをご参照ください。↓ 参考:外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/pdf/about_sdgs_summary.pdf Special Thanks: ・株式会社SoooooS.カンパニー: ソーシャルプロダクツ(エコ・環境配慮やオーガニック、フェアトレード、寄付つき、地域や伝統に根差したものなど、人や地球にやさしい/配慮のある商品・サービス)のオンライン・ショッピングモールSoooooS.(スース http://sooooos.com )を運営。  

Read More...

友情の贈り物- Gift for celebrating friendship

2017年ももうすぐ終わりですね。 皆様にとって2017年はどんな年だったでしょうか? 今年を振り返ってみると、お客様のあたたかい心に触れる事が出来た幸せな一年でした。 特に嬉しかった事は、贈り物にお選びくださるお客様が少しずつ増えてきたこと。 奥様だったり、大切なご友人だったり。 そんな中でも、とってもハートフルなお客様のお話を2017年の大切な宝物として、こちらに書き残しておきたいと思います。(*お客様了承済みです) そのお客様(Sさん)にイヤリングをご注文頂いたのは8月初旬頃でした。Sさんの長年の親友へのバースディプレゼントとのこと。 「いつ頃までにお届けしたらよいですか?」と伺ったところ、 「12月です。」 (え?!) 「私(Sさん)と親友は、同じ12月生まれです。10年間、ずっと12月に2人でお祝いしてるんです。だから私は一年中、彼女に贈るプレゼントを探しています。特別なもの、これだ!って思えるものを毎年交換してるんです」 「無機質なものではなく、理由があるものを贈りたい。その積み重ねが日々の豊かさをつくっていくように思うから。」とSさんから丁寧なメッセージを頂きました。 JOËLのデザインは大ぶりなものが多いため、お客様が、 「親友が小顔だから、イヤリングが大きすぎないか?」 重さについても、「これがいいかな?あれがいいかな?」 と商品画像を送りながら一緒にやりとりさせて頂きました。 (ところで、大ぶりピアスは、小効果があるのですよ!) その時間は、まるでお客様と一緒にサプライズギフトを選びのショッピングをしているような感覚で、本当に幸せなひと時でした。 そして、最終的にお選び頂いたイヤリングがこちらです ↓ – それから、5か月後 – 「親友が大喜びでした!」 お誕生日会のとっても素敵なお写真と共に報告のメールを届けてくれました。 大切に丁寧に育んでこられた繋がり、一つひとつの物語や贈る人の想いを、私も共に大切にしていきたいと思いました。 このピアスは(育児中で現地にはしばらく行けないと思い)現地と初めて遠隔コミュニケーションにより企画制作したもの。 お互い伝えようとしている事を勘違いして失敗したり、最初は手探りでコミュニケーションしながら、協働で制作した作品でした。 ダイバーシティ、そこから生まれる新たなアイディア。 私にとっても思い出深い作品になり、今度、現地で働く彼女たちに会えた時にシェアしたい物語が今回また一つ増えました。 私は、作り手の真心を感じて頂けるような人と人との触れ合いを大切にした仕事をしていきたい、とかねてから思っていました。 おかげ様で、そんな願いを今年は少しずつ叶えさせてもらえたように思います。 (JOËLのアクセサリーは、チリの女性たちにより創作されており、売上金の一部は、ハンディキャップや難病に苦しむ子どもたちを支える団体の活動費に充てられています。) ————————————————— 最後になりましたが、この仕事を通じて素晴らしい人々と出逢いを重ねる事ができ、ありがたく思っております。 新年が皆様にとって愛と希望に満ち、健康にも恵まれますよう、心からお祈り申し上げます。 感謝の気持ちを込めて。 2017年12月31日 JOËL  猪岡愛佳

Read More...

あたたかなギフト: ボリビア→台湾→そして日本のお客様へ

今回は、ボリビアで手編みによって作られているアルパカマフラーについてシェアさせていただければと思います。 私自身、アルパカのぬくもりも好きですが、やはり編み手さんの誠実なお人柄、彼女の真心そのものが心にじんわりと伝わってきて、とても愛着を感じている品物です。 昨年クリスマスシーズンをとうに過ぎた頃に、かなり遅れてやっと!販売まで辿り着いたにもかかわらず、おかげ様で、多くの方にお届けすることができました。 その中で、先日、台湾在住の日本人のお客様から、ボリビアのアルパカマフラーをオンラインショップにてオーダーいただきました。 オレンジ色とブルー2カラーのマフラーの2点。 遠く離れたご両親へのプレゼントだそうです。 ご両親は、早期退職をされ、鍼灸マッサージのお店を開業されたそうです。開業当時は、お客様がちゃんと来てくれるのか、周りの方も含め不安だったそうですが、もう5年も続けておられる、とのこと。 ご両親は、人に価値を認められることよりも、自分がお客様に何をしたいかを、ずっと貫いてきたそうです。そんなご両親へギフトを、とマフラーを注文してくださいました。 こちらまで、ワクワクした気持ちになり、何だか満たされた想いで包装していました。   お客様と直接触れ合う機会が限られているので、このような温かいメッセージをいただくととっても幸せな気持ちになります。 もう春はすぐそこ。 きっと、マフラーの次回のオーダーは、次の冬になるのかなと思っています。このマフラーたちと共に、次はどんな物語を、想い出を刻んでいくのか、今からとても楽しみです。 そして、今度、編み手さんとお会いする時に、彼女たちに伝えることのできるお客様からいただいた物語。 世界は、人びとは、バラバラではない。 小さな物語のひとつ一つが、遠く離れた人とひとを繋いでくれる、そんな想いです。

Read More...

はじめてのクリスマスギフト

以前から恐れていた、商品が南米のどこかで行方不明になっていたという・・・配送トラブルがあり、世の中のクリスマスセールのタイミングに、すっかり乗り遅れていました(生産者さんは必死になって頑張ってくれたのに、皆で残念がっていました・・・)。 そんな中、数限られたアイテムの中から、大切な方へのプレゼントをオーダーしていただくことができました。 (こんな素人っぽいことを書かない方がよさそうですが)私はラッピングが苦手で・・はじめは数時間かかってしまっていましたが、実際にリクエストいただいたメッセージカードを作成したりしていると、何だかとってもワクワクしてきて、こちらまで嬉しくなってきました。 特に、このマフラーを編んでくれたボリビア人女性が、どんな場所で、どんな風に、どんな表情で編んでいたかを思い出すと、余計にそんな気持ちになるのかもしれません。   こんな風にクリスマスを過ごさせていただき、いただいた機会に感謝の気持ちでいっぱいです。 まだ、試行錯誤状態で、うまく言葉に表現できませんが、人々の想いと想いをつないでいく仕事を続けていくこと、その先には「人間らしさ」そして、ちょっと”ヒューマン”な経済活動とは何かを見つけられるように思います。  

Read More...