Uncategorized

ソーシャルスクエア代官山- Social Square DAIKANYAMA

9月に代官山にオープンされた「ソーシャルスクエア代官山」に伺ってきました! 「人や地球にやさしい、洗練された暮らし・時間のための何かと出合う場所」ー素敵なコンセプトの店内には、オーガニックやフェアトレード、地域社会、伝統を大切にするものたちが、丁寧にディスプレイされており、JOËLのアイテムもお取り扱い頂いております^^ ひとつ一つのアイテムが心あたたまるストーリーを持ち、人、環境、社会に優しい。 そんなコンセプトを持ったアイテムがセレクトされたショップは、心地よさや安心感を与えてくれるハートフルな空間でした。 アルパカのあったか靴下、必要とされなくなった生地を使って作られたエコロジーバック、オーガニックジャム等、興味深々。 色々と質問してしまいましたが、笑顔で答えてくださいました^^ 色々気になるアイテムがありましたが、今回、私は友人とお揃いでこの「COET」さんのエコロジーファイルバックを買いました^^ パンフレットなどをバックに一緒に入れると折れちゃったりするので、別にファイルバックを持って仕事に行けて、重宝しています♪ お近くにお越しの際は、ぜひ素敵なアイテムと出逢いに足を運んでみてくださいね^^ ソーシャルスクエア代官山 URL: http://ss-daikanyama.com/

Read More...

3.11 から4年目を迎えて/ 4 years have just passed since the earthquake in 2011

今日は、3月11日です。 皆様、それぞれの場所で、それぞれの想いで迎えられたことと思います。 私は、あの東日本大震災から、もう4年の月日が流れたということを何だか信じられない想いで迎えました。 2011年3月11日、あの時、私はまだ会社員で、揺れるオフィスのテレビから流れる悲惨な映像を、今、同じ日本で起こっていることなのか、どう受け止めてよいか分からない状況で、ただ映像を前に立ちつくしていたこと、今でも鮮明に思い出されます。 JOËLのアクセサリーやお皿を作ってくださっているチリの職人さん達からも、以下2010年にチリで起こった大地震の現地写真と共に、暖かいメッセージをいただきました。 「私たちも、2010年にとても大きな地震で、多くの人たちの命を失った。それ以来、多くの若者たちがボランティアとして立ち上がり、助け合ってきた。だから、私たちも日本での地震のことをとても身近に感じ、悲しい気持ちで胸が痛かった。私たちは、遠い場所にいるけれど、繋がっているよ。」という内容のメッセージでした。 私は、震災後に「厳しい状況に今いる人の人生のために、もっと自分の命の時間を使えたら」という気持ちがより強くなっていきました。 それは必ずしも大きなことではなく、臆病になっていて、先延ばしにしていた・・伝えておきたい想い、言葉、やってみたいと思っていたこと、勇気を出して恐れず少しずつ前に進んでいくことが、いただいた命を大切することにつながると感じました。 そして、地球に対しもっと謙虚でありたい、そう感じました。 被災者の皆様、そして今なお厳しい生活をされている方のお気持ちは、私など想像できるものではないと思います。 自分の無力さを感じずにはいられません。 人は、人の悲しみに寄り添い、繋がりあうことで、悲しみや悔しさからほんの少し解放されたりしながら、生きていけるものと、改めて感じます。 これからも、今日の日を忘れることなく、日本や世界中の人たちが、もっと繋がり合い、それぞれの場所で生かされていることに感謝し、命を大切にして生きていけますように、と祈ります。 その気持ちを、今一度、ここに記しておきたいと思います。      

Read More...

JOËL Facebook はじめました^^

温かい仲間に支えられ、おかげ様で、JOËL のFacebookを作ることが出来ました。 今後は、こちらで、JOËL の商品を通じて、 現地中南米にて共に歩んでくれている人達についても、ご紹介させて頂き、皆さんと共に分かち合える会社にしたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。

Read More...